未分類

表現の自由回復のために・その3 「条件付き再開」は検閲であり、無条件回復こそ自由の証明である

投稿日:

2019年9月26日

表現の自由回復のために その3

「条件付き再開」は検閲であり、無条件回復こそ自由の証明である

 「表現の不自由展・その後」が3日間で展示を中断させられ、2か月を迎えようとしています。

 9月25日、「再開」の言葉が大村秀章知事から語られました。これはこの2か月弱で初めて公的に発せられた明るい言葉です。このこと自体は歓迎したいと思います。

 しかし、この再開とはどのようなものでしょうか。「第3回あいちトリエンナーレのあり方検証委員会」を傍聴したとき、実はこれが「条件付き再開」に過ぎないことに気づかされます。

 そもそも、展示を強制的に中断させられた理由は何でしょうか?それは安全・安心面での「重大な危機」です。しかし、本会では展示施設の多くの方を心労で苦しめた抗議・妨害や犯行教唆に対する予防、対処はほとんど話されませんでした。代わって多くの時間を割いて話されたのが「表現の不自由展・その後」のキュレーションの低評価採点です。

 展示内容をことさらあげつらうのは、セキュリティがかれらにとってことの本質でない証拠と言えます。むしろ、「表現の不自由展・その後」への検閲こそが検証委員会の本心ではないでしょうか。

 検証委員会は中間報告となる検証報告をまとめていますが、表現の不自由展実行委員会が指摘した事実を修正追加しようとしません。契約関係はまずトリエンナーレの出品作家であり、具体的な企画・キュレーションなどの業務委託を定めた契約書もあること。5月30日でこちらが重要な提言を行った警備会議のこと、など多々あります。

 検証委員会は再開を標榜していますが、表現の不自由展実行委員会を排除した形も視野に入れて進めようとしています。それは9月25日の記者会見での質疑応答から明らかになっています。

 検証委員会は公平性をうたい文句に、表現の不自由展実行委員会が展示説明文に記載した史実をねじまげようとしています。日本軍「性奴隷」の史実を不確かなものと形容し、展示空間にこれを反映しようとしています。これは社会的公正と少数者の人権をないがしろにする反動的姿勢にほかなりません。

 検証委員会は恣意的かつ非科学的なアンケート手法を用い、「表現の不自由展・その後」への社会的反感なるものをでっちあげています。会場アンケートの回答は有為抽出であり、社会意識を正確に反映するサンプルとなりえません。また自由記述を数量化して社会意識の証左として用いるのは意識調査の禁じ手です。

 私たち表現の不自由展実行委員会は、ゆがんだ検証報告の差し戻し修正を改めて強く求めます。

 私たち表現の不自由展実行委員会は、私たちを参加作家として正当に遇しない検証委員会の姿勢を厳しく批判します。

 条件付き再開となった場合、「表現の不自由展・その後」の作家の幾人かは展示ボイコットをすると表明しています。国際芸術展としての体面を保とうと躍起になっている検証委員会の求めるかたちの再開は、砂上の楼閣なのです。

 再開とは言うまでもなく、現状復帰を文法的に意味します。私たち表現の不自由展実行委員会は無条件の再開を強く求めます。そのための協議には喜んで応じる姿勢です。

 「表現の不自由展・その後」の無条件展示再開は、検閲が横行するこの日本社会で、いまもなお表現の自由が息づいていることを証明する行為です。それを私たちは希望と捉えています。

表現の不自由展実行委員会

アライ=ヒロユキ、岩崎貞明、岡本有佳、小倉利丸、永田浩三

未分類

「“『表現の不自由展・その後』について考える”をテーマとした国内フォーラム」における差別待遇への抗議

投稿日:

「“『表現の不自由展・その後』について考える”をテーマとした国内フォーラム」への抗議文を、あいちトリエンナーレ実行委員会とあいちトリエンナーレあり方検証委員会に送付しました。その文書を掲載します。

※この文書をあいちトリエンナーレ実行委員会とあいちトリエンナーレあり方検証委員会に送付したのは9月20日の14時半頃のことです。
このあと、同日16時ごろに招待が送られていなかった作家さんにも招待がメールで届いたそうです。
韓国のソウルの安世鴻さんや金夫妻がそうですが、その通信文は日本語だったそうです。ソウルに住み、日本語を解さない金夫妻に、前日の夕方に日本語の招待メールを送付するとはきわめて失礼な話です。
こちらの抗議を受けて、慌てて表面上取りつくろった対応に思えます。

未分類

あいちトリエンナーレあり方検証委員会のアンケートに対する抗議、撤回要求

投稿日:

あいちトリエンナーレあり方検証委員会が9月10日に出品作家に配布、一般市民に公開したアンケートにつき、私たち表現の不自由展実行委員会は抗議と撤回を訴えました。
あいちトリエンナーレ実行委員会とあいちトリエンナーレあり方検証委員会に送付した文書を掲載します。

未分類

〈壁を橋に〉プロジェクト 今こそ集会

投稿日:

9月15日(日)の名古屋、17日(火)の東京での集会の案内を告知いたします。ぜひお越しください。

■8月1日に開幕した、日本で最大規模の国際芸術祭あいちトリエンナーレ2019の「表現の不自由展・その後」(以下、不自由展)がわずか3日で中止されました。この中止決定は大村秀章愛知県知事と津田大介芸術監督によるものです。作家たちへの事前通知もなく、私たち不自由展委員会と約束した協議もありませんでした。

■「表現の不自由展・その後」に対して人種主義や性差別、日本の植民地責任・戦争責任の否定を背景とした不当な攻撃があり、あいちトリエンナーレ事務局が大変な困難にさらされたことは事実です。しかし、こうした攻撃が日本社会でマイノリティにかかわる表現に加えられるという状況は、あいちトリエンナーレから始まったわけではありません。、そうした現状こそが2015年の「表現の不自由展」、そして今回の「表現の不自由展・その後」が展示を通して問題提起しようとしてきたものです。

■しかし、「表現の不自由展・その後」が中止され、再開されることのないままの状況は、結果的に不当な攻撃の効果を主催者自らが肯定し、後押しするものになってしまいます。

■作家や市民からは、理不尽な妨害、攻撃、脅迫への抗議し、再開を求める声が同時多発的に上がっています。それは日本を超え世界に広がっています。

■私たちは中止が発表された8月3日当日、その一方的中止に抗議し、それ以来一貫して展示の再開を求めています。しかし、あいちトリエンナーレ実行委員会・大村秀章会長との再開のための協議は実現していません。

■私たちは繰り返し協議を呼びかけ、今まで待って待って待ちづつけましたが、このままでは時間切れで会期が終了してしまいます。

なんとしても再開のための具体的な対策も含めた協議の場を作るために、仮処分申し立てに踏み切ることにしました。これがトリエンナーレ実行委員会と契約を結んでいる不自由展実行委員会が取りうる現実的な手段であり、小さな風穴をあける可能性にかけたいと考えたからです。苦渋の思いでの選択です。

 言うまでもなく、これは、市民の皆さん、作家の皆さんがそれぞれの立場から努力されている「再開のための行動」とともにあるものです。

■不自由展会場入り口を塞いでいる巨大な壁の向こうは、8月3日のままです。私たち不自由展委員会は東京〜名古屋を往復しながら交代で作品を守っています。

「壁が横に倒れると、それは橋だ」(アンジェラ・デービス)の言葉から、私たち不自由展実行委員会は、再開を求める行動を「〈壁を橋に〉プロジェクト」と命名し、再開に向けた具体的な対策も提案していきます。

■この〈不自由の壁〉を倒し、「表現の伝達と交流の場」を取り戻すのは、私たちです。〈不自由の壁〉を倒したとき、それは、民主主義の基本である表現の自由が守られる世界への「橋」となるでしょう。  ともに知恵と力を出し合っていきましょう!

発言者
表現の不自由展実行委員会
●アライ=ヒロユキ(美術批評)
●岩崎貞明(『放送レポート』編集長
●岡本有佳(編集者)
●小倉利丸(批評)
●永田浩三(武蔵大学教授)
(9/15は下線のメンバー、9/17は全員予定)

●中谷雄二弁護団団長(9/15,9/17予定)
●李春熙弁護士(9/17)

in 名古屋
日時:2019年9月15日(日)開場13時半、14〜16時
会場:東別院会館の蓮・橘
(地下鉄名城線「東別院駅」4番出口より、西に徒歩約5分
資料代:1000円

in 東京
・ 日時:2019年9月17日(火)開場18時、18:30〜20:30
・ 会場:文京区民センター2階 2-A
・ 資料代:1000円

【〈壁を橋に〉プロジェクト支援カンパのお願い】
中止発表以降の不自由展の保全活動を含む、再開のための様々な活動と、仮処分申し立てに関する費用がかなりかかります。全員東京在住のため新幹線だけでもすでに相当な金額になっています。趣旨をご理解いただき、どうかご支援のほどよろしくお願いします。

口座名「表現の不自由展実行委員会」
郵便振替:10140-94898811
ゆうちょ銀行 店番018 普通9489881

主催:表現の不自由展実行委員会
■ 問合せ:info@fujiyu.net

公式ホームページ http://fujiyu.net/fujiyu/
FB https://www.facebook.com/hyogennofujiyu/
ツイッター https://twitter.com/hyougen_fujiyu