未分類

新たに文書を公開します(8月26〜31日付)

投稿日:

8月下旬以降、トリエンナーレ側とやりとりした文書等を公開します。

未分類

展示再開を訴える11作家の抗議声明

投稿日:

先ごろあいちトリエンナーレ2019本展の出品作家が、
「表現の不自由展・その後」展示の強制終了に抗議し、
作品をボイコットをアピールしました。
以下がその声明文になります。


表現の自由を守るために
2019年8月12日

あいちトリエンナーレ2019に参加する、われわれはアーティスト(文末に署名)は、あいちトリエンナーレ2019の一つの展示すべてを中止する決定は、許容し難い検閲行為であると考え、これを非難する。

8月3日、あいちトリエンナーレの特別プロジェクトである「表現の不自由展・その後」というタイトルの展示が、無期限の公開中止となった。それは、国からの政治的圧力、および問題となっている作品が当該展示会から撤去されない限り、暴力やテロ行為をすると脅迫している匿名の情報源からの圧力によるものであった。

前回の書簡において公的に表明したように、われわれは、トリエンナーレのスタッフおよび検閲された当該芸術作品に対する暴力を扇動しているこれらの威嚇を拒絶する。

ただし、われわれは、展示会のスタッフおよびトリエンナーレの観客の精神的・身体的安全を確保するために、あらゆる予防策を講じなければならないと考える。一方で、「表現の不自由展・その後」が、当該展示会の予定会期末まで公開され、展示され続けることを要求する。

今回の事件における主要な攻撃対象は、キム・ソギョンおよびキム・ウンソンによる「平和の少女像」という作品である。この彫刻は、日本において抑圧され続けている歴史問題である日本軍性奴隷制(婉曲的に「慰安婦」と呼ばれる)に焦点を当てて、歴史的記憶の回復を試みるものである。
われわれは、展示しているアーティストの声と展示されている作品に寄り添うことが、倫理的義務であると考える。

表現の自由は、侵すことのできない権利であり、いかなる文脈においても、独立して保護される必要がある。
自由への攻撃には、以下のものが含まれる。

(1) 河村たかし名古屋市長の、「表現の不自由展・その後」の恒久的中止を求める不適切な発言。
(2) 菅義偉内閣官房長官による、文化庁を通したトリエンナーレへの将来の財政的支援を削減する旨脅迫する声明。
(3) 展示会のスタッフを攻撃する、多数の匿名の電話
(4) 当該展示が中止されない限り、テロ行為をする旨脅迫するファックス。

われわれは、理不尽な威嚇と政治的要求に屈したあいちトリエンナーレ主催者の決定は、表現の自由を侵害するものであると考え、当該特別展に参加しているアーティスト、その他のキュレーターおよび主催者と事前に協議することなく、「表現の不自由展・その後」の展示を中止した彼らの決定に疑問を呈する。
これが「リスクマネジメント」の問題であり、検閲の問題ではないという[トリエンナーレ主催者の]意見には、根本的に反対する。この[トリエンナーレ主催者の]意見は、アムネスティ・インターナショナル日本、美術評論家連盟、国際ペンクラブならびに国内および海外の報道機関によって、公的に非難されているものである。

文化団体として、展示アーティストの権利を守り、表現の自由を保護する責任をあいちトリエンナーレは負っている。われわれは、人々の生命および安全が危険にさらされている時に、これらの責任を果たす決定を下すのは容易ではないと理解している。しかし、公的機関として、関係当局と協働して、展示会のスタッフ、来訪者およびすべての関係者を保護し、その安全を確保する責任もあいちトリエンナーレは負っている。
当局は、本格的な公式調査を実施する責任を負っている。
これは、テロの脅威がある場合においては、標準的なことであると思われる。
当該展示会のある展示を中止する前に、これらすべての措置について考慮すべきであった。

われわれは、決して、あいちトリエンナーレとその展示スペースのスタッフが、今回の事態について責任を負うことを示そうとしているわけではない。
われわれは、彼らと、相互協力的および肯定的な関係を構築してきた。
われわれは、この困難な時期を通して、彼らの多大な努力に感謝し、彼らに寄り添っている。
しかし、「表現の不自由展・その後」が検閲されてから、1週間以上が経過した。この間、主催者は、アーティストとの公開討論を開催することへの不満を示し、われわれは、当該展示の再開の重要性を主張してきた。また、テロ予告に関連して、少なくとも2名が拘束された。しかし、われわれは、検閲された当該展示が再開されるか否かについて、何ら明確な情報を与えられていない。

よって、検閲されたアーティストとの連帯の公式表明として、われわれは、主催者に対し、「表現の不自由展・その後」が公開されない間は、トリエンナーレにおける我々の芸術作品の展示を、一時的に中止することを要求する。

この行動を通して、われわれは、あいちトリエンナーレの主催者が、政治的介入および暴力に屈することによって、表現の自由を侵害するのではなく、「表現の不自由展・その後」の展示を再開し、彼らの価値ある作品と共に歩むことを、真摯に希望する。

表現の自由は、重要な権利である。

(仮訳:菊地和行)

Tania Bruguera(タニア・ブルゲラ/ハバナ)
Javier Téllez(ハビエル・テジェス/ベネズエラ)
Regina José Galindo(レジーナ・ホセ・ガリンド/グアテマラ)
Mónica Mayer(モニカ・メイヤー/メキシコ)
Pia Camil(ピア・カミル/メキシコ)
Claudia Martínez Garay(クラウディア・マルティネス・ガライ/ペルー)
Minouk Lim(イム・ミヌク/韓国)
Reynier Leyva Novo(レニエール・レイバ・ノボ/ハバナ)
Park Chan-kyong(パク・チャンキョン/韓国             
Dora García(ドラ・ガルシア/スペイン)              
Ugo Rondinone(ウーゴ・ロンディーネ/スイス) ※後にロンディーネはボイコットを撤回

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
IN DEFENSE OF FREEDOM OF EXPRESSION
August 12, 2019

We, the undersigned artists participating in the Aichi Triennale (2019), condemn the decision to close a full section of the exhibition as an unacceptable act of censorship. The section titled “After Freedom of Expression?”, a special project of the Aichi Triennale, was closed indefinitely to the public on August 3rd due to political pressure from the State as well as pressure from anonymous sources threatening to take violent and terrorist actions unless the works in question were removed from the exhibition.

As we expressed publicly in a previous letter, we repudiate these threats inciting violence against the staff of the triennale and the censored art works. However, while we believe that all precautions must be taken to ensure the mental and physical safety of the exhibition staff and the visitors of the Trienniale, we insist that “After Freedom of Expression?” should be opened and remain on view until the scheduled closing of the exhibition.

The main target of the attack in this case is the work “Statue of a Girl of Peace “, by Kim Seo-kyung and Kim Eun-sung: a sculpture that attempts to repair historical memory focusing on Japan’s military sexual slavery (euphemistically called “comfort women”) a historical issue that is continuously repressed in Japan. We consider it an ethical obligation to stand by the exhibiting artists voices and their work being exhibited. Freedom of expression is an unalienable right that needs to be defended independently of any context.

The attacks on freedom include: (1) Nagoya mayor Takashi Kawamura’s unfortunate comments calling for the permanent closure of “After Freedom of Expression?”; (2) a statement made by Chief Cabinet Secretary, Yoshihide Suga, threatening to cut off future funding to the Trienniale through the national Agency for Cultural Affairs; (3) numerous anonymous calls harassing the exhibition staff; (4) a fax threatening terrorist action unless the section be closed.

We believe that the Aichi Triennale organizers’ decision to surrender to irrational threats and political demands violates freedom of expression and we question their decision to close the section “After Freedom of Expression?” without previously discussing it with the participating artists, the other curators and the organizers of the special exhibition. We fundamentally disagree that this is an issue of “risk management” and not one of censorship, a fact that has been denounced publicly by Amnesty International Japan, AICA Japan, Pen international as well as local and international press.

As a cultural institution, it is the Aichi Triennale’s responsibility to stand by the rights of its exhibiting artists and to protect freedom of expression. We understand that it is not an easy decision to make when people’s lives and security are at stake. But as a public institution, it is also its responsibility to work in collaboration with the corresponding authorities to provide protection and security for its staff, visiting public and anyone involved in the exhibition. It is the authority’s responsibility to undertake a serious and formal investigation as would be standard in the case of any terrorist threat. All these measures should have been taken into account before closing down a section of the exhibition.

In no way do we want to implicate the staff of the Aichi Triennale and its exhibition spaces with whom we have had a mutually supportive and positive relationship. We thank them for their hard work and stand by them through this difficult time. However, more than a week has passed since “After Freedom of Expression?” was censored. During this time, the organizers have been compliant in organizing an open discussion with the artists and we have insisted on the importance of reopening the exhibition. Also, at least two people have been detained in connection to the terrorist threats. However, we have not been given any clarity as to whether the censored section will be reopened.

Therefore, as a public gesture of solidarity with the censored artists, we demand that the organizers temporarily suspend the exhibition of our artworks in the Triennale while “After Freedom of Expression?” remains closed to the public.

Through this action we sincerely hope that the organizers of the Aichi Triennale will re-open the section “After Freedom of Expression?” and continue with their valuable work without thwarting freedom of expression by giving way to political intervention and violence.

Freedom of expression matters.

Tania Bruguera
Javier Téllez
Regina José Galindo
Mónica Mayer
Pia Camil
Claudia Martínez Garay
Minouk Lim
Reynier Leyva Novo
Park Chan-kyong
Pedro Reyes
Dora García
Ugo Rondinone *Rondinone withdrawn his boycott later.